admin Posted on 6:50 AM

様々な事業資金の手に入れ方から今の状況に合った方法を選ぼう!


資金やビジネスの実績がある場合におすすめの方法

新たなプロジェクトを開始させたい、個人事業を立ち上げたい等といった場合に必要なのがまとまった事業資金です。事業資金調達方法には色々ありますが、すでに事業を立ちあげていて、ある程度の実績がある場合には銀行融資がおすすめです。その最大の理由が、他の方法に比べて金利が低く抑えられるという点になります。上手くいけば1%程度に金利を抑えられる場合もありますが、審査の難易度は高めといえます。

また、ある程度の自己資金があり、創業のための事業資金が欲しいという場合には、日本政策金融公庫を利用するとよいでしょう。経験が無くとも、事業に必要な資金の10%を自分で用意できれば、審査に通りやすくなるといわれています。

審査に通るか不安だという場合にはこれ!

ただ、そうした審査に通るか不安で確実に事業資金を調達したいと考える場合もあるかと思います。そんな時にまず利用を考えるべきなのが、ノンバンクといわれる所の提供するビジネスローン等です。先述の方法より金利は高めですが、それらよりも審査は緩い傾向にあり、入金までのスピードも早いです。

さらに、近年利用が進んでいるのがファクタリングと呼ばれる方法です。売掛債権を担保にすることで事業資金を調達する方法で、最短即日入金に対応する所もあります。さらに、借入ではないので、信用情報に傷が付かないという特徴も存在します。

直接個人に訴えかけるという手法も!

クラウドファンディングサイトにプロジェクトを投稿し、個人から事業資金の出資を募るという方法も最近注目を集めています。確実に必要な資金が集まるかの保証はありませんが、宣伝効果も兼ねられる等のメリットもあります。その他、エンジェル投資家という存在に投資をしてもらう所もあるようです。

事業資金を調達する方法でもっとも一般的とされているのが金融機関からの融資です。金額が大きく、返済期間も長く設定できるのが利点ですが、現実的で明確な返済計画を立てることが条件になります。